殺人女王ヒアリとオスの写真画像は?猛毒性、大きさに駆除対策方法は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

殺人女王ヒアリの死骸が大阪で発見されたそうで、殺人女王ヒアリが気になり、写真画像に動画、猛毒や大きさに駆除対策方法についても調査してみました!

殺人女王ヒアリの写真画像は?


殺人女王ヒアリの写真画像は、こちらです。虫が苦手な人は閲覧注意です!

とはいえ、私も苦手ですが気になってしまったので見てみました。

なんかパーツパーツがしっかりしているし、普通のアリよりデカい印象を受けました。

殺人ヒアリのオスの写真画像は?


殺人ヒアリのオスの写真画像も見つけました。

羽が生えているので、ちゃんと空が飛べるらしいです!

こんなのが飛んできたら怖いですね。

殺人女王ヒアリの大きさは?


殺人女王ヒアリの大きさですが、調べたのですが不明 。

とはいえ、ヒアリの働きアリの大きさは2.5ミリ~6ミリほど。

殺人アリなんて聞くと、それなりに大きいのかな、と思ったのですが、自分が思っていたより、それほど大きくはありませんでした。

殺人ヒアリの猛毒は?


殺人ヒアリの猛毒についても調べてみました。

猛毒性ですが、こちらは獲物の捕獲であったり、防衛するためにヒアリは使用しているようです。

猛毒の成分ですが、95%は水不溶性のピペリジンアルカロイドとのことです。

そして、それ以外の成分として約46種類のタンパク質があり、このたんぱく質は毒液の重量の0.1%なのですが、アナフィラキシーショックの反応に関係している可能性があるといわれています。

アナフィラキシーは、発症し、とても短時間で全身にアレルギー症状がでることです。

このアナフィラキシーは、時に血圧が低下したり、意識障害などを引き起こす可能性がありそうです。

さらに、場合によっては生命に関わる可能性もあるとのことで、この生命に関わる危険な状態をアナフィラキシーショックといいます。

殺人ヒアリの駆除対策方法は?


殺人ヒアリの駆除対策方法ですが、とにかくヒアリを発見したら環境省へ連絡することだそうです。

駆除対策方法としていちばん手軽な方法は殺虫剤を使用することらしいです。

他には熱湯をかけたりする駆除対策方法もあるらしいですが、決してご自身で駆除しない方が良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です