植田育也(小児集中治療医)医師の年収は?略歴は?勤務先病院に年齢も!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2017年5月15日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀『小児集中治療医・植田育也』」に出演された小児集中治療室「PICU」の日本におけるパイオニアである植田育也(うえた いくや)医師のことが気になり、年収、経歴、勤務先病院、年齢について調査してみました!

植田育也(小児集中治療医)医師の年齢は?


植田育也(小児集中治療医)医師の年齢ですが、1967年生まれらしいので、49歳もしくは50歳です。

植田育也(小児集中治療医)医師の大学は?


植田育也医師は、1991年に千葉大学医学部を卒業されています。
卒業後1994年まで千葉大学医学部小児科及びその関連病院で一般小児科研修医としてお勤めされます。

植田育也(小児集中治療医)医師の経歴は?


1994年から1998年までは米国シンシナティ小児病院で集中治療科フェロー(特別研究員)、小児科シニアレジデント(後期臨床研修医)としてお勤めになります。

1998年からは日本に帰国し、長野県立こども病院の新生児科に勤務されることになります。

2001年には長野県立こども病院にてPICUを開設され、救急・集中治療科副部長となります。

2006年からは静岡県立こども病院でPICUを開設され、小児集中治療センターにてセンター長兼小児集中治療科の医長となります。

2015年には埼玉県立小児医療センターの集中治療室・救急で準備担当部長となり、2016年からは埼玉県立小児医療センターの集中治療科の科長兼部長となります。

ということで、この植田育也医師の経歴を拝見しますと、小児集中治療科医としての経験が長くあることがわかりますね。

植田育也(小児集中治療医)医師の勤務先病院は?


植田育也(小児集中治療医)医師の勤務先病院ですが、先程の経歴のところでご説明させていただいた通り、埼玉県立小児医療センターという医療施設(病院)に勤務されていらっしゃいます。

病院名:埼玉県立小児医療センター
診療科:集中治療科
住所:埼玉県さいたま市中央区新都心1-2

JRさいたま新都心駅から徒歩5分や北与野駅から徒歩6分のところにあります。

植田育也(小児集中治療医)医師の年収は?


植田育也(小児集中治療医)医師の年収ですが、厚生労働省調べによる、勤務医師の平均年収は1,479万円とのこと。

開業医から病院に勤めている医師などピンからキリまでありますからね。

植田育也医師は小児集中治療医ということで、さらには集中治療科の科長兼部長ということで、年収としては推測になりますが、3000万円~5000万円ぐらいをもらっていらっしゃるのではないのでしょうか。

植田育也(小児集中治療医)医師には今後も若い命を数多く救ってもらいたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です