無音恐怖症とは?症状をチェック!原因と改善や治療方法は?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

無音恐怖症とは一体どういうものなのか気になり、無音恐怖症の症状に原因と改善や治療方法を調査してみました!

無音恐怖症の症状をチェック!


無音恐怖症の症状ですが、簡単に言うと、音がなく、静かな環境が苦手な方の事を言うそうです。

ちなみに、無音恐怖症というのは、正式な病名ではありませんのでご注意ください。

では、具体的な無音恐怖症の症状とは一体どういうものがあるのか調べました。

症状の一例
「静寂な環境が怖くて、人の声であったり、雑音等を欲してしまう」
「動画だったり、音楽だったりが無いと、自分の部屋にいられない」
「特段用事もないのに雑踏の中に自分の身を置きたくなってしまう」

いかがでしょうか?
皆さんは何かあてはまるものであったり、心当たりがあったりしますでしょうか?

無音恐怖症の原因は?


無音恐怖症の原因って何があるのかも調べました。

勉強しながら常に動画を流していたり、毎日音楽を流しながら寝ている方は要注意みたいです。

そうした習慣がついてしまうと、今度は逆に音がないと落ち着かずに、眠れない、といった状態になってしまうそうです。

それだけで済めばいいですが、そのうち自分は無音の環境は怖い。つまり無音恐怖症なのでは?との考え悩み始めたりしてしまうんだとか。

確かに静寂であるということは、孤独などを連想させてしまうという面があり、現在はスマホが一人一台となり、かつ無料で動画や音楽が手軽に見れるという環境がゆえに、そういった無音恐怖症というものが生まれてしまったのかもしれません。

無音恐怖症の改善方法や治療方法は?


無音恐怖症の改善方法や治療方法は、他の恐怖症や強迫観念と同じく、どうしてその恐怖が生じたのかを医師であったり、カウンセラーに相談する流れが一般的見たいです。

恐怖症は、他に何か大きな不安があって精神が不安定になっている時に発症する事もあり、他に不安なことがないのか確認が大事になります。

例としては、不安の原因が受験へのプレッシャーであったり、対人関係であったり、無音恐怖症はそれに伴い発症している可能性があります。

なお、そういったことが特定できて、認識したからと言って、不安が解消するわけではありません。

ですが、もやもやしている状態よりも、意識できることにより気持ちがスッキリとする可能性もあります。

また、不安自身に正面から対処することで、それに伴って発症している恐怖症がよくなっていく可能性があります。

他にも、無音恐怖症の改善方法や治療方法としては、少しずつその無音という苦手な状況に触れていって、慣れるというやり方もあります。

突然、無音状態で丸一日過ごすことは厳しくても、今日は10分だけ無音の状態で勉強してみよう。
それが1週間おこなうことができたら、次は20分、次は30分とちょっとずつ延長させていくのです。

そうしていくうちに自信が付き、いつしか、無音の恐怖が薄れていくんだそうです。

そのほかにも、シンプルに趣味をみつけるのも効果的だそうです。

音なんて気にならないくらいの趣味に熱中することで効果的な方法のひとつです。

もし無音恐怖症で日常生活に支障をきたすほどの場合は、不安を和らげる薬があったりします。

無音恐怖症の症状に心当たりがある方は、一度専門の医師やカウンセラーにご相談されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です